<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | | - | by スポンサードリンク
  • ダブル トール バニラ ラテ。



2011021215140000.jpg

って言うと
ちょっと知ってる人っぽいよね(笑)

でもバニラの香りはあんまりしなかった。



最近ティーラテの飲みすぎで
少し太った?
意外とカロリーありそうだー。

というわけでこの間からは
アイスラテにしてます。

ティーラテを飲む時も、せめてノンシロップで。


スチームミルクは甘さが増すけど
あれってやっぱりカロリーもかなり上がってるのかな...
今度はノンファットにしてみようかしら。
無駄な足掻きでしょうけど(笑)



そういえば、おばあちゃん家にミルがあるという噂が。

えっ...おばあちゃん絶対使わないよね...?
わざわざ豆挽かないよね!?

こここ これはチャーンス!!笑
近々頂きにあがりましょう。



あ!!!今日エスプレッソロースト試飲して帰るの忘れたー!!泣
レアだったのに...↓↓
明日もありますように。





- | - | diary | 17:45 | - | by naive.
  • 2010年の年越し。
 


明けましておめでとうございます。
2011年も、どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m



さて、今年の年明けは、
両親と久しぶりに大阪で迎えられることになり

せっかくだからということで、京都の知恩院さんへ
除夜の鐘を聞きに行きました。


京都は雪が降っていてすごく寒かったけど
108つの煩悩を洗い(正確には30くらい笑)
長楽館でカフェオレをいただきながら優雅な年越しをさせていただきました。




年明け直前にウェイターさんが
クラッカーを配ってくれるという素敵な心遣い。
やっぱ人って、心遣いが大事ですよねー



もちろんカフェオレも美味しかったです。
グラスも可愛くて素敵でした。






22年で一番優雅だったけど
やっぱ年越しは山口のおばあちゃん家で
コタツに入ってみかん食べながらが

一番いいな。





- | - | diary | 23:44 | - | by naive.
  • 不思議な景色。



そういえば
今日大阪城を見たんだけど

すごく不思議な感じがした。






きっと あのお城から
この景色を見下ろしていた人は
ここから見える世界は自分のものだと
感じていたに違いない


でも今では
何倍も大きなビルに囲まれて
とても小さく見える



それは
見れば見るほど不思議な光景だった
しばらくその場に立ち尽くした


言葉では上手く表現できない



けれど
威厳は失われていない

その時代の象徴
全ての頂点だったものは

誇らしげに
そこに佇んでいるようにも思えた



何も変わらない
時代は途切れてはいない
けれど変わっていく
想像もつかない程に


その時代に生きていた人の誰が
こんな世界を想像できただろう




城は この景色は 素晴らしい遺産だ
時代が残したものは大きい


今 この場所で この景色に
言葉にならない何かを感じられることも
きっと 素晴らしいことだ




私は今 生きている
そして
あの城から世界を見下ろした誰かもまた


確かに
生きていたんだ。







- | - | diary | 01:42 | - | by naive.
  • 一日の終わりに。

2010122916130000.jpg


また今日も一日が終わった。

でも、なんだか
不安よりも 希望のほうが大きい


行動を起こせば
世界が変わる


そのことを今
確信している


沈みかける太陽と
家路を急ぐ人
それだけでもこの世界は
こんなにも美しい。



- | - | diary | 00:48 | - | by naive.
  • 失えば。








声なんて つぶれてしまえばいい





そうすれば 君は私を大事そうに抱いて


迷わず

「愛してるよ」と、言ってくれるのかな



- | - | diary | 02:16 | - | by naive.
  • 目標。





私は今までにどれだけの時間を
無駄にしてきたのかと思う


生まれてから21年。

自ら何かを学ぼうとしたことは一度も無かった。

このままでもいいと思っていた。


時間に流されながら
他人に流されながら

それが「楽」でいいと。




でも気がついたんだ



「楽」でいることの
どこが「楽しい」んだろうか。


楽は楽でしかない。
楽は、「無」に近いということに

私は気がついてしまったんだ。




この一年間

私は日々
変わりたい、成長したいと思い続けてきた

そして私なりに行動に移してきた


そんな時間の中で
私は今までに感じたことの無かった

努力をすることで得られる
「充実」と「楽しさ」というものの幸福を知った。




もっと色んな事を知りたい。
それを自分のものにして
成長したい。
変わりたい。


自分を変えたいという強い思いが
目の前の世界を変えた。



素直になりたい。
当たり前の事を出来るようになりたい。

そんな小さな目標から始まって


自分らしくいたい
成長したい
自信を持ちたい
誰かの役に立ちたい


どんどん膨らんでく

どんどん確かなものになる


掴みたい未来が何か
見えてくるとこんなにも
世界は違って見えるのか



気づけた私は幸せなんだろう
誰もがそう思えるわけじゃない。



今までの私があって
今までの日々があって

今の私がある。



大人が知ったように
口を揃えて言っていたことの意味は
自分で気づけなきゃ何も意味がない。
ただの聞きあきた台詞だった。


でもその本質に気がつけば
その先の未来には
希望が満ちる。




ずっと欲しかったもの。

私は今度こそ手に入れたい。




傷ついた日々に報いるために。
明日の自分の笑顔のために。
触れる誰かのトキメキのために。



人生とは
きっと素晴らしい。


傷つくことも
傷つけることも

涙も
笑顔も
怒りも
悲しみも

苦労も
挫折も

どんな痛みや幸せも全て


必ず明日の自分を強くしてくれる。




私はずっと知りたかった。


努力や痛みの先に何があるのか。


そこには
光と希望がありました。

そこには
「私」が居ました。






信じられるかい
君は君を
僕は僕を


私は
私を信じて生きたい。


私は 私を手に入れるんだ。


そしてこの命を持ってして
誰かに 生きる喜びを与えたい。






- | - | diary | 02:44 | - | by naive.
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.