<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
  • スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | | - | by スポンサードリンク
  • まあるく…
2012042613320000.jpg
ならなかったけどなぁ。
店員さんのお陰で。(笑)


昔に比べて
質が落ちたように感じるのは

最近私が
イイもの主義になってきたせいかしら?



でもこうして自分がお客さんになって
店員さんにガッカリした時は

ああ、じゃあやっぱり
自分の時は頑張らないとなぁってなる。


こんにちはって笑顔を作るのも
無駄じゃないな。
- | - | - | 13:37 | - | by naive.
  • 穏やかじゃないねぇ。





いつでも穏やかな心でいたい

そう思うのだけれど。



この世知辛い世の中
中々そうはいかないようで。



そんな時は
空の下で光りを浴びよう


そうすれば少しくらい
このモヤモヤは 晴れるだろうか。



- | - | - | 14:57 | - | by naive.
  • 朝食。
2012042410570000.jpg
完全にハマっている私。(笑)

この食感は、一体何!?



まさかの母の調理実習が延期になったので
時間を潰すつもりで入ったのですが
ペロリと食べてしまいました(笑)
- | - | - | 11:00 | - | by naive.
  • 両手の翼。




先日、
知り合いの方が主催するライブに誘われて
お邪魔してきた。

緑橋にあるセブンデイズというライブハウス。


6組ほどのアーティストが出たのだけれど
皆、主催者との繋がりがあって
一人一人が彼女に声を掛ける。

「今日は呼んでくれてありがとう。そして、おめでとう」

今回のライブは、彼女の誕生日記念
というのもあって、とてもアットホームだった。

アーティストもほとんどがアコースティック。
落ち着いて聴くことが出来た。




当たり前だけど
皆自分の色をしっかり持っていて
表現力が豊かだ。


胸が震えたし
涙が出たし
何より羨ましかった。


昔私も、いつかああいうステージで
誰かの心を揺らしてみたいと思っていた。
本当は今もその夢は消えていないけれど。



死ぬまでにやりたい事が沢山ある。

私は今23
彼らは20代後半からそれ以上。

まだまだ夢見れる
そして、実現出来る。


私も、この両手を思いきり広げて
羽ばたいてみたい。




- | - | - | 23:20 | - | by naive.
  • 違う。



ああ…
何か違う。 違うぞ。



目の前の現実との矛盾。





そして始まる葛藤



これは逃げなのか
ただの逃げなのか。





自分をまだ、信じきれない。



- | - | - | 23:05 | - | by naive.
  • あの人。



心を掴まれるものに
自ら掴まれにゆく



そうすることで私は
自分の心の在りかを知る




私もいつか
この心を掴んで離さない
あの人のようになりたい。



それまでは

この身で
この心で

誰かの心を 掴みにゆこう




- | - | - | 18:23 | - | by naive.
  • 貴女に感謝。



貴女は言う

「こんな体で、こんな母親でごめんね。」
「しんどい思いをさせてごめんね」


でもね

貴女が逆の立場なら
きっと同じように

いや、それ以上に
私の為に動いてくれたでしょう。


そう言うと
貴女は「そうね。」と呟いて泣いた。



貴女と私が
親子であること

貴女が私の母親であること


そのことに私は
深く深く感謝したの。




出来ることなら同じ痛みを背負い
「その気持ち分かるよ」と
心の底から共感したい。


でも出来ない。それが悔しい。

本当に"同じ痛み"を感じていない限り

その言葉は必ずどこかで
嘘になってしまう気がして。



でも
そうねと言って貴女が泣いてくれた事で
私は少し救われた気がした。


それも結局
私は自分の為に
貴女に言わせたのかもしれないけれど


もしも私が逆の立場であったなら

その言葉はきっと
自責の念に苦しむ心を
少し楽にしてくれると思うから


だから今は
貴女にもそう思って欲しい。




何も出来なくてごめんね。
助けてあげられなくてごめんね。

謝りたいのは、私の方。


でも今するべき事は
後悔や自分の不甲斐なさを恥じるよりも

今何が出来るかを考えること。


貴女も、私も
痛みは違えど、向かう先は同じ。


大丈夫。


だって私は貴女の娘だから。

そして貴女は、たった一人の
私の母親だから。


大丈夫です。



- | - | - | 17:43 | - | by naive.
  • クオリティが高いらしいよ☆


2012041213540000.jpg

京阪モールに
クリスピークリームドーナツがあった!

知らなかったねー\(^^)/

お昼ご飯代わりに買って病院に行ったら
お母ちゃんが食べたいというので
半分あげました(´_ゝ`)(笑)


虫歯痛いとか言いながら!
まったく〜(笑)


- | - | - | 14:02 | - | by naive.
  • 大仕事。

2012033015130000.jpg


時間に追われているのを感じる。


母の為にする事は
どんなことであってもしてあげたい。

それに対しての負担みたいなのは、今のところ無い。



けれど

体と精神的な疲労というものは
どうしても溜まるわけで。


特にあまり面識の無い人への電話や連絡が
かなりストレスが溜まる。

空いてる時間はそれに費やされるし
連絡すればまたそれが返ってくる。

もともと電話は苦手だし
メールもそんなにマメじゃない。

しかも色んな事を考えたり
家の事をする合間にそれをするのだから
これはもう私にとったらかなりの大仕事(笑)


ああ…
もうこんな時間。

明日もOPだし
母のもとに持っていく荷物が山盛り。


今週末の鶴瓶さんを楽しみに
乗り切るしかない!!




まぁ一緒に行く人もまだ見つかってないけど(笑)

そういえば鶴瓶さん
最近髪が増えたような気がするのは
気のせいかしらね。



- | - | - | 02:00 | - | by naive.
  • 進む。



受け入れなければ
変われないんだ


弱い自分を
誰かの言葉を




自分のものにして
前に進まなければ。



- | - | - | 09:53 | - | by naive.
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.